前へ
次へ

子育て支援員について

子育て支援員とは2015年に国が設けた資格で、女性が子育てと仕事を両立するための働きやすい社会環境を作り出すために存在します。
育児経験のある主婦を対象としており、各地方自治体が主催する全国共通の研修(約20時間程度)を修了することで資格が与えられます。
ちなみに研修は全ての受講者が必修の「基本研修」と、それぞれの希望に合わせて自分で選択する「専門研修」に分かれています。
保育士との違いは国家試験を受ける必要がない点にあり、自身の育児経験を活かした仕事に就くことを希望する人や、自分の暮らす地域の子育て支援に貢献したいと考える人にチャレンジしていただきたい資格です。
資格取得後は「乳児院」や「児童養護施設」「子どもの一時預かり施設」等で、主に保育士の補助的な仕事を担うことになります。
子供のお世話だけではなく、保護者への対応等も任されることになるでしょう。
支援員は人手不足が深刻な各施設において救世主的な役割を果たし、自身の経験を活かした家庭的で暖かな環境を子供たちに提供していくことができるでしょう。

Page Top